« コンフィデ 日本-ブラジル | Main | uBlog »

July 04, 2005

FOOTBALL BATON

公私ともに気ぜわしく、週末はばたばたしてました。

つうわけで遅くなりましたが、こちらからきた企画に乗ってみようと思います。

1.あなたの持っているサッカービデオ(DVD)の数

市販ものは6月の勝利の歌を忘れないくらいですね。録画したのは2003年の広島戦全部とか、この年は気合はいってたんだろうなあ、あったりします。44試合見直す暇はないのですが(笑)。引っ越した時にアメリカw杯とかフランスw杯とかダイヤモンドサッカーとか90年代のビデオは整理したので、昔のはないですね。

2.今一押しの選手(人物でもクラブでも何でも可)

前田俊介
久保が去った後、あんなわくわくする選手はいないだろと思ってましたが、久々に楽しい奴が出てきたかなと思ってます。

3.印象に残っているゴール
タツはゴールよりもバーに当てたり簡単なシュートが入らなかった方が印象に強く、実はゴールは印象にないのです。
と言うわけで、2003年Jユースカップ準決勝の俊介スーパーボレーに一票。
長い昼飯を取った甲斐のあった試合です。

4.好きな、または特別な思い入れのある選手5名
エドゥ
コインブラブラザーズではなくて、フリューゲルスの方です。初めて生で見た93年ナビスコ杯の横浜ダービーで、あんなに曲がるボールを見なかったら、今みたいな生観戦にはまって無いだろうな。

山口敏広
97年末の大量放出でどうなってしまうのと感じてたあの頃、W杯後の好調を支えたのは間違いなく彼でした。
当時はJ2に降格したらクラブは終わると思っていたなあ。。。

久保竜彦
やっぱり、彼が最高のFWですね。万全に戻って思い切りブーイングをさせてくれ(笑)

サントス(広島)
川口を手玉に取りまくった夏の三ツ沢はまさに真夏の夜の夢でした。

セザールサンパイオ
フリエ時代の山口と組んだ素晴らしいボランチ、W杯でのゴールなどもありますが、やはり2003年の獅子奮迅の活躍が印象に強いです。まさにプロ中のプロ。今の状況こそAll Gemes are finalを忘れずに行きたいですね。

5.バトンを廻す5名
J1再開したということで終了ですね。

#で、TBってどうやるの?

|

« コンフィデ 日本-ブラジル | Main | uBlog »

「サッカー」カテゴリの記事

Comments

広島さんとか、ガンバ見て思うのですが、ユースがしっかりしているので、親会社が余計なことこを思わない限り、チームは残ると思います。
それにしてもガンバのユースは凄すぎます。
出身選手も錚々たる面々やし。

追伸
TBは、参照したいエントリーに記されている「トラックバックURL」をこちらのブログの投稿ページにある「トラックバック先のURL」欄にコピー&ペーストしそのまま送信ボタンクリックでできますよ。

Posted by: MASARU@大阪 | July 06, 2005 at 02:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69536/4832155

Listed below are links to weblogs that reference FOOTBALL BATON:

» FOOTBALL BATON [MASARUのブログ]
珈琲もう一杯のコールさんから、サッカー関連の企画物にのってもらえませんか?と云われ、書いてみることにしました。 1.あなたの持っているサッカービデオ(DVD)の数 数えたことないですが、だいたいセレッソと全日本のもの含め、10本くらい。 先日自宅の部屋整理し... [Read More]

Tracked on July 06, 2005 at 01:24 AM

» Jユースカップ [サッカー事典]
JユースカップJユースカップ(正式名:Jリーグ・ユースサッカー選手権大会)は1994年から毎年行われているJリーグのユースチーム(高校生年代対象)の実力日本一決定戦と位置づけられている大会である。第1回は1993年度の大会扱いで1994年3月に開催。それ以後は毎年9~12月に実施されている。2005...... [Read More]

Tracked on July 06, 2005 at 04:42 PM

« コンフィデ 日本-ブラジル | Main | uBlog »